FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anton Schwartz / Radiant Blue

radiant blue

1. Phantom Dance
2. Alligator Strut
3. Wave
4. Slightly Off Course
5. Life & Times
6. Marcel Marceau
7. Blues for Now
8. Groundsurge
9. Hooking Up
10. Sneaking Suspicion

Anton Schwartz (ts)
Peter Bernstein (g)
Taylor Eigsti (p)
John Shifflett (b)
Tim Bulkley (ds)

Label; Anton Jazz, AJ1004
Recorded on December 5-6, 2005

テナー奏者であるAnton Schwartzによる、自身のレーベルから4枚目のリーダー作です。

彼はなんかスゴい経歴を持っていて、Warne MarshとEddie Danielsに個人レッスンを受ける傍ら、ニューヨーク大学とコロンビア大学で数学を専攻し、ハーバード大学で数学と哲学の博士号を取得。最先端の科学にも精通していて、AIを使った演奏の分野にも取り組んでいるようですが(パット・メセニーの”オーケストリオン”みたいな感じなのかな??)、よく分かりません(汗)


本作はM3のジョビン曲"Wave"を除いては、全てオリジナル曲となっていて、注目すべきはギターのPeter BernsteinとピアノのTaylor Eigstiが参加している所ですね。

少しピーターの出番が少ない気もしますが、いつもながら素晴らしい演奏をしていますね。

↓はTaylor EigstiとJulian Lageをフィーチャーした映像です。
2004年だから2人ともスゴい若い!!

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。