FC2ブログ

Carla Bley / Sextet

Carla Bley : Sextet

1. More Brahms
2. Houses And People
3. The Girl Who Cried Champagne
4. Brooklyn Bridge
5. Lawns
6. Healing Power

Carla Bley (org)
Larry Willis (piano)
Hiram Bullock (g)
Steve Swallow (b)
Victor Lewis (ds)
Don Alias (per)

Label; WATT, WATT17
Recorded on December 1986 and January 1987

Carla Bleyが主催するECMレコード傘下の"Watt"から、Carla Bleyの1987年リーダー作です。

現在の夫であるSteve Swallowをはじめ、エレキギターにHiram Bullockも参加しています。

本作は全てCarla Bleyによるオリジナル曲で構成されていますが、この人の作曲力はホントにスゴいです。


アフィカアフィカ
(2007/03/09)
荻原亮

商品詳細を見る
特にM5の"Lawns"はとにかく綺麗な曲でして、初めて聴いたのはジャズギタリストの荻原亮さんのリーダー作「Afica」に収録されているものでしたが、彼女の曲の中では一番に好きな曲です。


そういえば、前に吉祥寺のSometimeでピアノの石井彰さんのトリオを観た時に、最後にこの曲を演奏していて、それはそれは素晴らしかったです。





SextetSextet
(2000/07/25)
Carla Bley

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

ガーシャ #-

Lawnsは僕もライブでよくやってました。
素晴らしい曲ですよね。
香津美さんのバージョンもカッコいいです。
1曲目のモアブラームスも最高です!

2013年10月13日(日) 23時41分 | URL | 編集

seco #-

Re: タイトルなし

> ガーシャさん

マジですか!
いやぁ〜羨ましい限りです。
僕もライブでやりたいな〜って、ちょうど思っていたところです(今度機会があったら演奏チャレンジしてみます)。

香津美さんのは未だ聴けてないです(涙)
あと、ジョンスコのやつは最高でした!

2013年10月13日(日) 23時56分 | URL | 編集

J works #-

こんばんは

たしかにCarlaといえば、Lawnsというくらい
即イメージするチャーミングな曲ですよねぇ。

近年では、Scofieldバージョン、なかなかでした。

2013年10月14日(月) 18時05分 | URL | 編集

seco #-

Re: タイトルなし

> J Worksさん

確かにCarla = Lawnsくらいの印象がありますよねw

ジョンスコバージョンも良いですね!

2013年10月14日(月) 19時18分 | URL | 編集

Bakarasche #-

こんにちは。
Lawnsとなれば書き込まずにいられません。
もう無条件降伏級の大名盤中のベストトラックな訳で、
エヴァーグリーン、オールタイムベストです。

ジョンスコも萩原さんもどちらも素晴らしい演奏だと思います。
個人的には、昔津上研太さんのライブで聴いた演奏が忘れられません。

私も昔演ったことが有りますが、うーん、、自分に小一時間説教したくなる出来でした。

2013年10月14日(月) 20時40分 | URL | 編集

seco #-

Re: タイトルなし

> Bakarascheさん

どうもです!

この曲は聴く度にいろんな事が発見出来るような、、
ホントに素晴らしい曲ですよね。

バッパーの方って、意外にこういったシンプルな曲が苦手っていうの多いですよね。

コメントありがとうございますw

2013年10月15日(火) 01時12分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。