FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John Scofield / Jazz-Funk Guitar (Alfred's Artist Series)

Jazz-Funk Guitar (Alfred\'s Artist Series)Jazz-Funk Guitar (Alfred\'s Artist Series)
(2005/01)
John Scofield

商品詳細を見る


以前にリリースされていた2本の教則ビデオを1つにまとめた、John ScofieldのDVDです。


本作ではDennis Chambers(ds)、Gary Grainger(b)、Jim Beard(key)のカルテットによる演奏と、(「WABASH」、「PICK HITS」、「MAKE ME」「LOUD JAZZ」「THE NAG」「TIME MARCHES ON」「TRIM」「BLUE MATTER」「CISSY STRUT」)と、インタビュアーによる質問に応えるという構成になっていて、リージョンオール、またトランスクリプションを収録したのブックレットが付属しています。

内容としては、音楽的な背景から始まり、Jim Hallなどのコピーをしたという話からバークリー音楽大学への進学、またMiles Davisのバンドに参加した話などから、具体的な奏法や、オリジナル曲の具体的な構成や、どのようなスケールを想定してソロをとっているかまで話が進んでいきます。

最初の方ではダイアトニックに上昇していく進行の中に、ディミニッシュを挟み、ギターのGとB弦上で上昇していくアプローチを披露し、やはり彼の中には次のコードへ移る時に常にディミニッシュが鳴っているのだと実感しました。
あと単純なアルペジオでも、ひと度ジョンスコが演奏すると、それはそれは魔法がかかったかのようにグルーヴします(スゴい・・)。

日本のジャズギタリストの布川俊樹さんも、ジョンスコのクリニックなどを観て「方向性が完全に変わった」とかいう事を言っていたと思うのですが、その気持ち分かります(笑)

これらの合間に"Body and Soul"や"All The Things You Are"などもソロで演奏しているのですが、タイム感が絶妙です。(こういったところが、Kurt Rosenwinkelなんかに繋がっていくんだな〜と思いました)

以下、本作に手録されているGeorgia On My Mindの映像です↓



同曲は彼のリーダー作"That's What I Say : play the music of RAY CHARLES"で、ガットギターによるソロ演奏が収録されていますが、BセクションのSusを効かせた7thコードのアイデアなどはそのままなんだな〜と思いました。

これはかなりオススメな内容です!!
スポンサーサイト

コメント

ガーシャ #-

この絶好調時のジョンスコバンドの公式映像は貴重ですからね。
ブートではあるみたいですけど。
ジョンスコのあの後ろ髪引かれまくりのノリはホントにカッコいいです!

2013年10月19日(土) 19時00分 | URL | 編集

seco #-

Re: タイトルなし

> ガーシャさん

コメントありがとうございます!

このDVDはいろんな意味で衝撃を受けましたw
これからしばらくはジョンスコウィークが続きそうです(笑)

2013年10月19日(土) 22時21分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。