FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love & Peace Music of Horace Parlan

horace parlan

1. Speaking My Piece
2. Up In Cynthias Room
3. Return Engagement
4. Love & Peace
5. Waltz Number One
6. Back From The Gig
7. Billy's Bossa
8. A Happy Frame Of Mind
9. Low Down
10. Up & Down
11. H. P. Interview

Jesper Lundgaard (b)
Bob Rockwell (ts)
Doug Raney (g)
Henrik Gunde (p)
Aage Tanggaard (dr)

Label; Storyville, 1014286
Recorded on May 22 & 23, 2013


名ピアニスト、Horace Parlan所縁のミュージシャンが参加し、ベースのJesper LundgaardとテナーのBob Rockwellが中心となり彼の楽曲の採譜をし、演奏したトリビュート作品です。

彼はBlue Note全盛期の60年代に数々の名演を残し、その後70年代にはデンマークのコペンハーゲンに拠点を移し活動し、同国を代表するレーベル"Steeple Chase"所縁のアーティストでもあります。

ギターで参加しているDoug Raneyも70年代後半から同国に拠点を移し、Horace Parlanとも度々共演していますね。
何より2008年にマシュマロからリリースされた"Doug Raney / Blues, Ballads, Bebop And A Blue Girl"以降の演奏が聴けなかったので、最近の演奏が聴けたのが非常に嬉しかったです(ちなみに本作ではM1,2,5,7,8のみの参加となっています)。

ラストにはHorace Parlan自身によるインタビューが収録されていて、結講しゃがれた声でRudy van GelderとBlue Noteについての思い出を語っています。


Love & Peace Music of Horace ParlanLove & Peace Music of Horace Parlan
(2013/11/12)
Lundgaard、Rockwell 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

ガーシャ #-

おお、これ買われましたか!
どうしようかと悩んでたんですがやっぱ欲しいですね。
ダグ最近何やってんですかね?
元気そうなら安心です。

2013年11月13日(水) 21時12分 | URL | 編集

seco #-

Re: タイトルなし

> ガーシャさん

僕も最近どうしてるのか心配していたのですが、いつも通りの演奏で安心しました(笑)

2013年11月13日(水) 22時50分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。