FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daniel Szabo / Frictions

Frictions Daniel Szabo

1. Vertigo
2. Tale
3. Frictions
4. Mo-Dahlia
5. Quick Fix
6. Underwater
7. "A-Tune
8. A-Chord-Dance
9. A Turtle's Dilemma

Daniel Szabo (p)
Matyas Szandai (b)
Andras Mohay (ds)
Kurt Rosenwinkel (g)
Nikoletta Szoke (vo)

Label; Warner Jazz, 5144213222

ギタリストのKurt Rosenwinkelをフィーチャーした、ピアニスト、Daniel Szaboのリーダー作です。

Daniel Szaboはハンガリー出身で、音楽一家で育ち、4歳からピアノを始めたそうで、1997年にはリトアニアで開催されたジャズピアノのコンペで優勝、これをきっかけに1998年にハンガリーのワーナーから初のトリオ作をリリースします。

Kurt Rosenwinkelは、本作ではM1,3,9の3曲のみの参加となっており、M6の"Underwater"では、ゲストヴォーカルとして澤野工房からもリーダー作をリリースしているNikoletta Szokeが参加しています。

本作でのカートの演奏は非常に素晴らしくて、特にM9の"A Turtle's Dilemma"では、キャッチーなピアノとギターのユニゾンが印象的なモーダルな曲ですが、この曲でのKurtのソロはホントに冴えまくってますね。

クリニックなどでもホールトーンでマイナーペンタトニックを8分音符で繋げていくエクササイズを披露していましたが、このペンタトニックラインが非常に気持ち良く決まっています!

↓はテナーのChris Potterを迎えたものですが、こちらもカッコいですね!




FrictionsFrictions
(2007/10/08)
Daniel Szabo

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。