FC2ブログ

Gary Burton / Ring

gary burton ring

1.Mevlevia
2.Unfinished Sympathy
3.Tunnel Of Love
4.Intrude
5.Silent Spring
6.The Colours Of Chloe

Gary Burton (vib)
Michael Goodrick (g)
Pat Metheny (g, electric 12-string-guitar)
Steve Swallow (b)
Bob Moses (per)
Eberhard Weber (b)

Label; ECM, ECM1051
Recorded on July 23, July 24, 1974

"Gary Burton with Eberhard Weber"としての、ECMからの1974録音作品です。

本作は、今では知らない人は居ないギタリスト、Pat Methenyの記念すべき初録音作品となっていて、彼は18歳の時にBurtonのコンサート後に彼の楽屋を尋ね、自分の実力を披露するなど、結講貪欲に売り込み、その甲斐あって僅か18歳ながらもBurtonの推薦でバークリー音楽大学で講師を務めるまでになります(スゴい・・)。

また本作でもう1つ注目する点は、同じくギタリストであるMick Goodrickが参加しているところです。彼はMethenyよりも9歳程年上で、バークリー音楽大学の名物教授でもありますが、彼が1987年に書き上げた名著"The Advancing Guitarist"の冒頭で、

「本書をパットに捧げる。彼が可能性を与えてくれた為でもあるが、彼にはこの本が必要ないだろう、というのが最もな理由だ」

と記し、大先輩ながらもこの敬意の示し方はなんかスゴいです。

近年ではトモ藤田さんによる翻訳版がようやく発刊されましたね↓


前人未到の即興を生み出すギター演奏の探求前人未到の即興を生み出すギター演奏の探求
(2012/07/25)
ミック・グッドリック

商品詳細を見る



さて本作ですが、Burtonのリーダー作にもかかわらず、彼のオリジナル曲は1つもなく、M1のMick Goodrick、M2,3,4のMike Gibbs、M5のCarla Bley、そしてM6のEberhard Webberと計6曲で構成されています。

Methenyはそんなに「良いな」と思うような目立った活躍はしていませんが、M6の"The Colours Of Chloe"でのMick Goodrickのソロはカッコいいですね!




リングリング
(1999/08/18)
ゲイリー・バートン・クインテット

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。