FC2ブログ

Ted Greene / Solo Guitar

solo guitar

1.Watch What Happens
2.Medley: Summertime/It Ain't Necessarily So
3.Danny Boy (Londonderry Air)
4.Send In The Clowns
5.Ol' Man River
6.They Can't Take That Away From Me
7.Just Friends
8.Certain Smile

Ted Greene (g)

Label; Art of Life, AL10112
Recorded in 1977


ジャズギターにおけるソロ作品の金字塔と言えば、Joe Passの"Virtuoso"やGeorge Van Epsの"Soliloquy"等が思い浮かびますが、Ted Greeneの"Solo Guitar"もその一つとして挙げられると思います。

本作は1977年の録音ですが、自身のリーダー作は本作のみという事もあって、
日本ではかなりマイナーな存在である事は否めません。
(サイド作としてはJohn Pisanoの"John Pisano's Guitar Night"等がありますね)

しかし、海外では結構メジャーなギタリストのようで、
その原因は一冊の本にあります。


Chord ChemistryChord Chemistry
(1981/06)
Ted Greene

商品詳細を見る
それは"Chord Chemisty"という本で、かの有名なプログレッシブ・メタルのバンド"Dream Theater"のギタリスト、John Petrucciも絶賛したそうですが、一言で言えば「コード辞典」です。
全体的にダイアグラムが多いですが、タブ譜は無く、
決して「読者受けを狙った内容」では無く、少し取っ付きにくい感じはありますが、和声というものにおけるギターの可能性を追求した素晴らしい本です。


さて本作ですが、この手の作品(Earl Klughのソロギター作品など)には必ず
1人で演奏しています(オーバーダブはしてません)」という注意が必要です(笑)

Joe Passの場合はメロディに対してテンションが多かったりしますが、
Greeneの場合はRockやR&Bのバンドも経験している事もあり、
もの凄いシンプルであったり、
また、ハープ奏法やウォーキング・ベース・ラインとメロディを同時に弾くスタイル等は
正に職人のようです。

彼のコードに対する造詣には感服です。


Solo GuitarSolo Guitar
(2004/01/01)
Ted Greene

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。