FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arpeggio Study on "Giant Steps"

Melodic Improvising For Guitar: Developing Motivic Ideas Through Chord Changes (Mel Bay Presents)Melodic Improvising For Guitar: Developing Motivic Ideas Through Chord Changes (Mel Bay Presents)
(2005/07/12)
Bruce Saunders

商品詳細を見る


前回もご紹介したBruce Saundersの教則本です。

これ個人的にはかなり気に入っています。

今回はこの中からアルペジオを用いた練習法をご紹介します。

Kurt Rosenwinkelもセミナーで紹介していたパターンですが、



アルペジオを上がって下がる、、これだけなんですが
意外とすぐに出来ない・・

結局は指板上の音がちゃんと見えていない証拠なんですね。

まずは一つのキーで練習します。
以下はCキーでのパターンです。



次に二つのキーを用いた練習です。
以下はCとEbのキーを交互に繰り返します。



Ebのキーというのは、
つまりサブドミナントマイナーになりますので、
オルタードとしてのリックとしても効果的だと思います。

最後にJohn Coltraneの"Giant Steps"を用いた練習です。



この曲は3つのキー(B, G, Eb)を目紛しく行き来する曲で、
所謂3トニックシステムというやつですが、
音の繫がりとか、指板の構造を把握するには
もの凄く良い題材ですね。

他にもスターティングノートをずらしたりすれば、
より音の関係性を理解できるようになると思います。

この本はオススメです!!
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。